第4回 学術大会(倉敷)の開催について

日本医薬品安全性学会の会員の皆様

平素は大変お世話になっております。
第4回 日本医薬品安全性学会学術大会の開催まで、いよいよ約1か月となりました。

先の西日本豪雨により、多くの地域が影響を受け、特に広島、岡山の被害は甚大です。
連日の猛暑の中、たくさんの方が避難生活を送られていらっしゃいます。
また、亡くなられた方へのご冥福を心よりお祈りしているところでございます。
このような中、開催を危ぶむ声も頂いておりますが、
今回の会場であります芸文館周辺への物的な影響は少なく、
一方、美観地区では観光客の激減などの影響を大きく受けているようです

つきましては、協議の結果、予定通り学会を開催し、
倉敷市を盛り上げていきたいと考えております。

予定通り倉敷へご足労頂き、また、申し込みをされていらっしゃらない方も
是非、当日、学会へ足をお運びいただき、学会だけでなく被災地への応援を
お願いいたします。

当日も含め、引き続き皆様からのご協力の程、宜しくお願いいたします。

平成30年7月18日

第4回日本医薬品安全性学会学術大会
        大会長 高栁 和伸
      大会事務局 赤木 晋介

ページの先頭へ戻る