本学会認定研究会

認定研究会の申請手続きについて

 本学会では、各地域での定期的な医薬品安全性に関連する研修会や講習会を実施している研究会について、下記の基準により審査いたします。認定承認された研究会への参加・発表は本学会認定制度に基づく、医薬品安全性指導者・専門薬剤師のための単位を得ることができます(認定・専門制度参照)。また、本学会ホームページで掲載いたします。

 審査を希望される場合は、申請条件を満たした上で本学会事務局宛に必要書類をお送り下さい。

認定基準

  1. 医薬品の安全性に関連する内容を主とし開催されている研究会で、以下の項目を満たすこと。
    ① 最低年1回の定期開催があること。
    ② 1回の開催が2時間以上であること。
    ③ 参加が一般公開されていること。
    ④ 会則・規定、役員、会計報告、事務局(事務担当者)が整備されていること。
    ⑤ 会費あるいは参加費納入の義務があり、主催者が製薬などの企業でないこと。
    ⑥ 各回の参加者名簿の記録、保管がされていること。
    ⑦ 申請者は、本学会会員であること。研究会の代表者が申請者でなくても構わない。
     (ただし、可能な限り評議員等の学会役員であることが望ましい)
    *企業が協賛である場合はその限りではない。
  2. 更新については、各研究会の代表者により3年ごとの申請を要する。

提出書類(新規・更新)

  1. 申請書[Excel:13.6KB](こちらをダウンロードしてお使いください)
  2. 添付資料
    ※ 研究会会則・規約(コピー2部)
    ※ 研究会役員名簿(コピー2部)
    ※ 次回開催プログラムもしくは計画書類(コピー2部)
    ※1)過去の実績があれば、過去2回分のプログラム(コピー1部)
    ※2)過去の実績があれば、過去2回分の参加者名簿(コピー1部)
    ※3)その他、研究会会誌もしくは抄録集があれば提出(1部)

審査結果通知と承認期間

 審査結果の通知は、申請後2か月以内に申請者へ通知する。承認日より3年間を有効期間とする。

その他、注意事項

  1. 認定審査中に開催された研究会は、本学会認定制度の単位にはなりません。認定承認日以降に開催された場合のみ加算対象といたします。
  2. 認定承認された研究会で、以下の場合は、必ず事務局に連絡するようにして下さい。
    • 何らかの理由により、認定承認された研究会が解散する場合
    • 代表者(会長)が変更になり、申請時と異なる場合
    • 事務局・事務担当者の変更あるいは連絡先が変更となり、申請時と異なる場合
  3. 認定承認された研究会でも、本学会の認定主旨と異なる可能性が考えられた場合、再申請を依頼する場合があります。

申請書提出先

〒956-8603
新潟県新潟市秋葉区東島265番地1

新潟薬科大学薬学部臨床薬学研究室内
日本医薬品安全性学会事務局 宛

ページの先頭へ戻る