医薬品安全性専門薬剤師

医薬品安全性専門薬剤師(DSSP)認定制度は、医薬品の安全性に関する十分な知識及び技能を有する薬剤師を対象とした認定制度です。

認定を希望する方は、認定制度規則を確認した上で、下記の方法により事務局宛に申請を行ってください。


医薬品安全性専門薬剤師(DSSP)申請者への案内

  1. 申請者は申請年度の5月10日迄に次の申請書を事務局に送信すること。
    ① 申請書式-1
    ② 申請書式-2-1(申請書式-2-2で修得単位数に達していれば申請書式-2-1は不要)
    ③ 申請書類-2-2(申請書式-2-1で修得単位数に達していれば申請書式-2-2は不要)
    ④ 申請書類-3-1(申請書式-3-2で修得単位数に達していれば申請書式-3-1は不要)
    ⑤ 申請書類-3-2(申請書式-3-1で修得単位数に達していれば申請書式-3-2は不要)
  2. 申請者は申請年度の5月10日迄に次の書類を事務局に郵送すること。
    ① 申請書式-1のコピー1部
    ② 申請書式-2-1のコピー1部
    ③ 申請書類-2-1のコピー1部
    ④ 申請書類2-2のコピー1部
    ⑤ 申請書類2-2のコピー1部
    ⑥ 申請書類3-1の参加証と抄録(発表の場合)のコピー1部
    ⑦ 申請書類3-2の別冊またはコピー1部
    ⑧ 申請料の振り込み用紙のコピー1部
    ⑨ 申請する前年度の会費振込用紙のコピー1部
  3. 認定委員会で審査を行い、事務局からメールで合否および二次試験の場所・日時を通知する。
  4. 一次審査合格者(認定試験資格者)には、二次試験の場所と日時(原則、申請年度の学術大会2日目に筆記試験実施)を通知する。
  5. 試験合格者には、後日事務局から「DSSP認定証」と「DSSP認定ピンバッジ」を郵送する。
  6. DSSP認定者は取得年度11月中旬に学会ホームページに掲載し、本学会誌にも掲載する。

認定申請料の振込方法

郵便局備え付けの郵便払込用紙(白地に青枠)を使用し、下記の例のように記入し、認定申請規定金額(1万円)をご送金ください。

  • 口座記号/番号:00520-6-85773
  • 加入者名:日本医薬品安全性学会


通信欄には、会員番号、申請区分(「 医薬品安全性専門薬剤師」申請料)、参加登録者の住所(連絡先)、氏名を併記し、この入金に関するお問い合わせ先の氏名(担当氏名)、電話番号を必ず記入してください。1人で1枚の郵便振込用紙を使用してください。

※ 振込料金(手数料)は、振込人の負担となります。
※ 振込終了後は、登録内容の変更、キャンセルは受付けません。返金は一切致しませんので二重登録等にご注意ください。ご自身の都合により申請ができなくなった場合も、返金は致しかねます。
※ 非会員の場合は、会員登録が前提(認定制度規則参照)となりますので、予めご了承ください。(認定を希望される方で非会員者は、早めの会員登録をお願いいたします。)

払込用紙記入例

認定申請書式のダウンロード

医薬品安全性専門薬剤師の申請に際しては、下記の申請書式をダウンロードしてご利用ください。


事例報告に関する注意事項

  1. 複数の事例を同時に報告される場合は、1ファイル内にシート別に記入してください。ただし、書式 2-1(有害事例)と書式 2-2(回避事例)は必ず、分けて提出してください。
  2. 申請書式2-1(有害事例)における有害反応の「重篤度」および「関連度」については、本学会の「副作用重篤度(グレード)判定基準」および「被疑薬剤と有害事象の関連度評価基準」に準じ、記入してください。
  3. 認定審査委員会より修正等を指示された場合の修正方法について
    • 修正点に関し送信されたファイルを用いて修正(修正コメント等は残した形態)して下さい。
    • 修正した部分が何らかの形で分かる(文字の色を変える、網掛けをする、コメント追記等)ようにして下さい。
    • 送信したファイル名は変更しないようにご返信をお願いいたします。

◎ 特に事例報告につきましては、審査に時間を要することをご理解いただきたいと存じます。
※ 事例審査におきましては審査時間を要するため、認定申請時直前ではなく、あらかじめ適時ご報告いただければ幸いでございます(認定審査時における事例報告の修正・再検討などの申請者のご負担が軽減いたします)。

【認定審査委員長より】

DSSP 認定申請を志す方は、認定申請時直前ではなく、あらかじめ適時、事例を報告して下さい。症例報告の承認審査は、教育的な意義もありますので、追記・修正・再検討など適正な(学術的合理性のある)報告になるまで数回に及ぶことが多々あります。したがって、直前(申請年度の5月10日)に申請される場合は症例報告承認が二次試験の直前あるいは二次試験に間に合わないことがあることをご承知ください。二次試験に間に合わない場合は、二次試験は次年度に繰り越しになります。

申請書提出先

日本医薬品安全性学会事務局

【メール送信先】
info@jasds.jp

【郵送先】
〒956-8603
新潟県新潟市秋葉区東島265番地1
新潟薬科大学薬学部 臨床薬学研究室内

コンテンツリスト

ページの先頭へ戻る